■Mail(24時間受付)
メールフォームから、または下記メールアドレスより「ご依頼内容・日時会場・お名前・連絡先(メールアドレス・電話番号など連絡の取れるもの)」の明記の上ご連絡下さい。
info@cozzack.com







東邦優勝!!

[ 徒然草 ]

いやぁ〜、やってくれました!東邦高校。

やってくれました!石川昂弥(タカヤ)君。

ホームラン2本に完封勝利なんてシナリオ、「平成最後の優勝」どころか昭和回帰じゃないですかぁーッ!!

地元愛知代表の優勝がうれし過ぎて、思わず昨年秋の投稿をこの1つ前に再録してしまいましたよ。

 

コザックは、偏執狂的に愛知代表を応援する高校野球フリークであることをこのブログでは再三お伝えしてまいりましたが、この感動は2009年夏の甲子園に中京大中京高校が優勝して以来、10年振りのものでした。

いや、10年なんて長くないですよ。

愛知勢の夏の優勝を、2009年時はもう数十年待った末でしたから。

なにせ小学2年生からのコザックはオタクなんですー。

 

東邦はセンバツで平成元年にも優勝していて、平成の最初と最後を優勝で飾ったことはご存じなかった方でも報道でお知りになったと思います。

コザックはそのちょうど30年前の優勝時のことをよ〜く覚えてます。

“30”という数字がピンときませんねー、昨日のことのようですよ。

当時小さな劇団に所属していたコザックは、公演を控えて舞台セットのパネルを作るべく釘を打ってましたね、ナグリ(金槌)を持って。

たぶん私がつけたのでしょう、ラジオから流れてくる実況を聞いて劇的なその時の優勝を知ったのです。

プロにも進んだ当時のエースの息子さんが、30年後の今回ベンチ外の捕手で応援団長。

同い年の当時のベンチ外の捕手の息子さんが、プロ注目の石川昂弥君。

なんか・・・ ドラマですね。

 

高校野球は球児たちのものです。

高野連のものでも新聞社のものでもNHKのものでもなく、各高校の宣伝ツールでもなければ指導者の虚栄心とメシの種でもありません。

ましてや一偏執狂の満足の為に球児たちは青春の全てを掛けているのではありません。

ありませんが… 愛知県代表は甲子園に出場したら是非勝って欲しい。

いや、勝たなきゃ、最低2つは。

いや、優勝するでしょ!?

こんな目線で応援しているところが“偏執狂”と自ら呼ぶに至るコザックのメンタリティーです、申し訳ない!

 

先ごろ引退を表明した世界的スーパースターのこの人。

 

愛工大名電高校出身。

高2の夏出場。

初戦であっけなく天理高校に敗退(この年、天理優勝)。

(ったくよ〜、出てくんなよ)と、夏の暑い盛りアルバイトでここでもパネルを叩きながら(釘を打ちながら)、ラジオに悪態をついていました。

高3の春出場。

相手は松商学園高校。

長野県の強豪なれど、全国大会では正直言って1回戦負けのイメージ(ところがこの年、松商準優勝)。

(当然勝ったでしょ)と数日後、旅先のタイのバンコクにある和風ラーメン店で日本の新聞を開くとまたもや1回戦負け。

数週間ぶりのラーメンが、メッチャ不味く感じました。

コザックにとっては、未だ広島カープでレギュラーになれない堂林翔太選手(09年中京大中京で夏全国優勝)や、中日ドラゴンズで伸び悩む堂上直倫選手(05年愛工大名電で春全国優勝)の方がよっぽどヒーローなんです、現役メジャーリーガー達からもあまねくリスペクトされるレジェンドよりも。

 

東邦、平成元年の優勝から30年。

(てことは、30歳年食ったのかー)と、本当に人ごとのような気がします。

かくしてMCコザック、この春35歳を迎えます。

なわけあるかいッ( `―´)ノ!!

 

本文と何の関係もありませんが今回画像が少なかったのでイセエビの刺身。

先週千葉の海で息子と食べた逸品を載っけました。

どうぞお目めで味わってくださーい(^o^)

JUGEMテーマ:高校野球

<< | 2 / 152 PAGES | >>