■Mail(24時間受付)
メールフォームから、または下記メールアドレスより「ご依頼内容・日時会場・お名前・連絡先(メールアドレス・電話番号など連絡の取れるもの)」の明記の上ご連絡下さい。
info@cozzack.com







里帰り

[ 徒然草 ]

先月、10月下旬、墓参りと95歳になる伯母に会うことを兼ねて故郷名古屋に行ってまいりました。

伯母はすこぶる元気だったのですが…

入居している施設の至近距離にある工事現場をレンタカーで通り掛かると、複数の警察官とおびただしい数の報道陣、物々しく非常線が張られた一画があり…

大型クレーン車が据えられていてビルの解体中のようでしたので工事中の事故かと思ったらさにあらず。

現場はそのすぐ隣の別会社の倉庫のようでして、後から知りましたがその倉庫を持つ会社の社長がナイフで惨殺されたと!

それがその日の前日深夜から当日の朝方にかけての犯行だったとのことで、そういえばそんなニュースを自宅のテレビで観ながら慌てて出掛けてきたことを思い出しました。

犯人は現在も捕まっていないようです。

いきなり物騒な事件の話で申し訳ありません。

まさかそこを通り掛かるとは、しかも地元で___とあまりの良からぬ偶然に混乱してしまいました。

人間、いつ何が起こるか分かりませんねー。

やはり、せめて心正しく、誠実に日々生きたいものです。

 

名古屋市自ら発表した国内主要8都市の「都市ブランドイメージ調査」で、名古屋は諸々の指標で2年連続最下位の不名誉な結果に終わったそうです。

そうですかぁ〜?

札幌・東京・横浜・京都・福岡… 確かにその歴史や地域性、観光名所の多さなどでこれらの都市を上回るのは難しく感じますが、大阪と神戸、なんか魅力あります〜?

ごめんなさい!関係各位に怒られそうですね。

上記調査に異を唱えれば、地元を愛するコザックは徹夜の超ロングになってしまいますので止めますが、こと「グルメ」に関して言えば、ナゴヤほど名物と言われる物の多い都市ってないんじゃないですか?

味噌カツ・どて煮・手羽先・ひつまぶし・天むす・きしめん・味噌煮込みうどん・名古屋コーチン・ういろう・ゆかり、最近では台湾ラーメンにコメダ珈琲… 

どーすかあッ!?

てな訳で、限られた1泊2日で食した「名古屋めし」をいくつかご紹介いたします。

 

まずその日の夜は、立ち食いの串カツ屋と決めていました。

名古屋駅から徒歩10分、軒を並べて串カツ屋が続く一画のこのお店。

 

コザックの食べ掛けで恐縮です。

本当は小学生の頃から通い続けたまさしく地元の絶品店があったのですが、店主ご高齢の為でか数年前にクローズ… コザック、泣きました。

この八幡屋さんは人気店なんですけど、失礼ながら「ここで我慢した」と言っていい、それほど閉業したお店は名店でした。

住宅地の場末にあったんですけどね。

 

翌日朝は早起きして、「走れば当たる」コメダ珈琲店。

モーニングサービスで寛ぎます。

で、ちょっとだけ遠出をしました。

 

愛知県の紅葉の名所、香嵐渓。

10月下旬でしたので紅葉はまだまだ。

 

このようにちょっと色づいてきたかな?___という程度でした。

これからが最盛期でしょうね。

 

昔、このお寺の和尚が1本のカエデを植えたところから紅葉の名所に育ったそうですよ。

 

ここの名物は五平餅。

名古屋めし、とは言えませんが、懐かしい中部地方の名物です。

鮎の塩焼きと蕎麦がセットになったご膳をいただきました。

 

連日の墓参りを終え名古屋城界隈。

 

近くに広がる名城公園でティーンエージャーの頃、女の子と何度デートを重ねたことか。

おい!何十年前の話だッ!?

 

旧実家近くを見ておきたくなりました。

 

惣兵衛川(そうべいがわ)、且つての農業用水です。

コザックが子供の頃は、まだまだ周りに田んぼがかなりあったんですねー。

大きな発泡スチロールの筏を浮かべて櫂を漕いだものです。

川から上がったら足にヒルがくっ付いて血を吸ってましたっけ。

「スタンド・バイ・ミー」の世界でした。

今は味気なく、護岸をコンクリートでしっかり固められています。

 

レンタカーを返し、帰りの名古屋駅へ。

新幹線乗車前に味噌煮込みうどんを食べる積りが土産物店の大行列に並んで時間をロス。

やむなくより短時間で食べられるラーメン店へ。

その名も「なご家」。

贅沢に名古屋コーチンを出汁に使っているそうです。

薄味であっさりした中にも、コクのある旨味を醸す美味なるスープでした。

 

大満足。

食べられなかったので土産にプラスもう一品、味噌煮込みうどんが加わり車中の人となりました。

いくつになっても… 

帰路は過ぎし日を思い出し、少しロンリーです。

JUGEMテーマ:ふるさと

<< 竹芝にて | main | 大多喜城 >>