■Mail(24時間受付)
メールフォームから、または下記メールアドレスより「ご依頼内容・日時会場・お名前・連絡先(メールアドレス・電話番号など連絡の取れるもの)」の明記の上ご連絡下さい。
info@cozzack.com







オヤジの密会

[ 徒然草 ]

ブライダルの司会者として長年業務に携わっていますと、必然的に横の繋がりが増えてきます。

旧知の、且つ同世代の司会仲間と久し振りに飲みたくなり、上記タイトルでメールし誘いを掛けました。

すぐさま「いいですね!“絶滅危惧種”同士一杯やりましょー」との反応が(過去記事【3/23付】「変貌する街、渋谷」参照)。

ぬはははは(@^^)/~~~… 以心伝心。

週末のある夜、お互い仕事の後に都内のローカルな街、代々木八幡で落ち合いました。

 

行った先は和食ベースの創作料理と美酒のお店「四季ごはん 晴れ間。」。

あ… 外観の写真を撮っておくべきでしたね。

実は女店主も古くからの付き合い。

コザックが15年近く通っていたスポーツクラブの常連さんで、広告代理店に長く勤めながら数年前に脱サラして開業。

早々にして「食べログ」などのサイトで人気店になってしまった暖かくてオシャレな空間のオーナーです。

ここ、本当は女性目線が利いていて所謂「女子会」にとても向いた感じのお店なんですが、オヤジ二人、構わず乗り込みます。

そりゃそーでしょ、オヤジなんだから、そんなこと気にしません!

店主も笑顔で迎えてくれました。

 

いつも注文するのは「おまかせコース」、料理を逐一撮ってきましたからね。

我慢できずにビールは一杯ひっかけちゃった後ですが。

 

 

 

まずは「季節のすりながし」。

う〜ん、ジャガイモベースでしたかねー、忘れちゃいましたがビールともとても合いました。

 

 

 

「旬のおつまみ五品盛り合わせ」、お洒落でしょ?

もう、どれから食すか迷います。

 

 

 

そして「特製茶碗蒸し」。

あ… ここですね、各席に勉強机みたいに引き出しが付いていて、その中に選べる食器などが。

取り皿やおちょこ、スプーンなどが自分好みで選べるんです。

この辺が気が利いてるんですよね、オヤジにとってはどーでもいいことですが。

…ってちょっとしつこい??

 

 

 

「本日の魚の一品」。

カツオのマリネ、だったでしょうか。

 

 

 

「本日の揚げ物」。

野菜が美味しい。

もうこの頃にはとっかえひっかえ地酒を酌み交わしています。

 

 

 

主菜は選べるんですねー。

コザックはお魚にしました。

連れはお肉料理を。

 

で、その連れ… 司会仲間の福島敏寿さん。

 

 

 

会うのは9年振りだったみたいですが、全くそうは感じませんでした。

色々情報交換しながら旧交を温めるのも楽しいものですねー。

福島さん、今はブライダルの司会の他にも「喋れる」特性を生かして、高齢者をMCとして支援していく新たな取り組みを数年前から始め、確かな実績を上げているようです。

いい刺激をもらった、代々木八幡の夜でありました。

福島敏寿さんも「四季ごはん 晴れ間。」も、コザックのおススメですよ〜。

JUGEMテーマ:私たちだけのオリジナルウェディング

Sho time !

[ 徒然草 ]

MLBの大谷翔平選手が今、凄いことになっていますねー!

持ち合わせたそのスペックからしてMLBへ行っても「彼はきっとやる!」と信じてはいましたが、投打にわたって(ついでに“走”も)これほどまでに鮮烈なデビューを果たし,日米の野球ファンをここまで熱狂させるとは望外のことでした。

1勝目を挙げた時、ホームラン1号を打った時、コザックは叫びました。

「見たかアメリカ!」「分かったか?アメリカ!!」。

スプリングキャンプでの低調さを見た彼の国のマスコミの多くが、やれ「マイナーからスタートすべき」だの「高校生レベルのバッティング」だのヌカした時、コザック心の底から怒りました。

だって大谷選手は日本の宝ですよー。

古今東西比類無き、若き現在進行形の「認定人間国宝」ですよ!

そんなアメリカのマスコミがやはり記事を通して謝罪した旨は、ちょっとした誇りと笑顔を伴って日本で広く報道されました。

ん、早い、許す!

ハハハ… エラそうなコザックですが、誤りを率直にしかも早く認めることは素晴らしい。

逆ギレしてツイート攻撃する大統領や我が国の官僚組織とは明らかに違いますね。

でもこれからはもうちょっとじっくり見守りましょうよ、スプリングキャンプだったんですから。

ただ同時に…

主に日本人の観客が日の丸を振ってスタジアムで応援していますが、あれは止めてもらいたいですコザックは。

アメリカの観客も「アスリート大谷翔平」を応援しているのであって、日本人を応援している訳じゃありませんからね。

日本の宝はMLBに自ら望んで身を投じたんです。

“一(イチ)MLB人”として、アメリカにMLBに、国籍関係なく大きく育ててもらいましょうよ、そんな気持ちです。

 

 

 

今月は前回の投稿の他にもう1件、入学式の司会進行を担当しました。

ここ数年来この学園、専門学校系列各校を卒業式と併せて担当させていただいており、画像は「入学の詞」を述べる新入生代表のリハーサル風景です。

人って、あまりの偶然や有り得ないと思っていることに遭遇して暫く経つと、「あれは本当のことだったの?」と自分の記憶を不確かなモノに感じるところがありませんか?

コザックにも数年前そんなことがありました。

この学校の卒業式でのことです。

 

たぶんあれは2014年のことだったと思います。

今から4年前。

卒業式で、成績優秀により奨学金を学園から得た卒業生が一人登壇し表彰を受けたんです。

彼はその春からイギリスだったかアメリカだったか、奨学金で留学をすることになっていました。

その彼の名前が… 大谷翔平さんだったんです!

名前の読みも漢字の表記も、現メジャーリーガー大谷翔平選手とまるで同じ。

台本を事前に読んだ時、「はぁ〜!?」と目が点になりましたもん。

2014年は、MLB入りを熱望しながら日本ハムファイターズの「奇特な」熱意にほだされ日本プロ野球入りした大谷選手が、2シーズン目を迎えるところでした。

いずれ彼がアメリカに行くことになることは日本ハムも認める既定路線でしたが、まだプロの野球選手として端緒についたばかりのところでした。

一足先に外国へ旅立つ「こちらの」大谷翔平さんに、

「日本ハムファイターズの大谷翔平選手に、『世界の何たるか』を是非先に見せてやってください!」とエールを送ったものです。 

その記憶が、今や実際にあったことなのか思い違いなのか、実は少々自信が無くなっている___こういった次第です。

願わくはそれが事実で、留学生の大谷翔平さんには大谷翔平さんなりの“Sho time”が世界の何処かで巻き起こっていることを。

 

 

 

代表生徒が着席し…

あ、新入生たちが入って来ました。

君たちも、“Break a leg !”。

 

JUGEMテーマ:私たちだけのオリジナルウェディング

入学式

[ 徒然草 ]

さて、新年度となりはや1週間が過ぎましたね。

日に日に春めいて来ましたが、一日ごとに草木が成長するのを見るのも楽しいこの新緑の季節を迎えるとコザックは、「あー、とうとうオンシーズンに入った!」との思いを強くします。

野に山に海に… 変な話、出掛けなければいけない強迫観念を憶えます。

遊ばなきゃッ!

 

卒業があれば入学もあり。

4月の早くも1日には、新規開学した大学の、入学式の司会進行に当たりました。

通信の大学で、ホールのステージから新入生をお見受けすると、もう様々な年代の方々がおいででした。

人間いくつになっても学ぶことはあります。

向学心をもって臨んでいる皆さんを拝見して、どうしても自分に置き換えて考えちゃいますよね。

「で、俺はどうなの?」って。

 

通信という特性から、入学式の模様は大阪及び名古屋会場にも生中継されていたようです。

多くの教授陣が登壇されましたが、「あれ?この人見たことある」って方が複数いらっしゃいました。

テレビのコメンテーターなどとして出演している学者やジャーナリストの方々でした。

サポート体制万全の、今の時代とニーズに即した新しい大学です。

皆さん、“Break a leg !”、がんばってください!

 

JUGEMテーマ:私たちだけのオリジナルウェディング

 | 1 / 34 PAGES | >>