■Mail(24時間受付)
メールフォームから、または下記メールアドレスより「ご依頼内容・日時会場・お名前・連絡先(メールアドレス・電話番号など連絡の取れるもの)」の明記の上ご連絡下さい。
info@cozzack.com







N君の結婚披露宴 その3

[ 徒然草 ]

バンケットにゲストの皆さんがお座りになると… 

やー、いるいる!知ったお顔の方が数名いらっしゃって楽しくなります。

まずは校長先生。

N君はなんたって教師ですから、主賓挨拶は校長です。

面白いことに、実際にはコザックは校長先生とは初対面。

しかしながらKGMBの定期演奏会では毎年立派なパンフレットを作成・配布していて、見開きには必ず顔写真付きで校長先生のお言葉が掲載されています。

10数年目にして初めて直接、ご挨拶させていただきました。

 

 

 

一番お会いしたかったのがこちらのOご夫妻。

ご主人はKGMBの前監督。

奥様はコザックが初めてお邪魔した時からずーっと変わらず、マーチングバンドのダンスセクション、カラーガードの指導者。

思い起こせば2005年の冬、ご夫妻と当時の顧問の先生と四人で学校でお会いして前年の演奏会のVTRを観ながら、翌月の本番のレクチャーを受けたところからこのご縁が始まったんです。

前監督に、当時あったインターネット上の司会者サイトでコザックのことを見つけていただきました。

初対面のこの時、学校の最寄り駅まで前監督が“気合の入った”ベンツで迎えに来て下さったことが鮮明に記憶に残っています。

 

新郎新婦が盛大な拍手で迎えられてからは、もう正直なところ遊んでいるようなものでしたね。

祝福する拍手の大きさも申し分なかったですし、曲調に合わせて「ここからは手拍子で!」とアナウンスすれば即座に応えていただける。

N君のウエルカムスピーチは、日頃教壇に立っているだけに流暢と言ってもいいものでしたが、それを逆手にとってコザックが揶揄すれば、それはそれでいい感じでウケる。

もう空気は完全に出来上がっていました。

 

 

 

乾杯後暫くしてから新婦Mちゃん、妹さんとお母様のご友人(いいね!)のエスコートを受けて中座。

コザックはマイク握りながら後ろからスマホ向けてますー。

その後N君も中座したところでコザック、あるテーブルに向かいます。

KGMBのOB・OGのいるテーブルです。

 

 

 

みんな大人になったねー。

回数にすれば年に1回、3月に、しかも1度か2度しか会っていない筈なのに、不思議と彼らの顔を憶えているものです。

こんなふざけた表情とポーズができるのも気安さの表れですな。

気安さといえば…

N君のお母さんがこのタイミングでビール片手にいらっしゃいました。

開宴から約1時間。

「なんすかお母さん、今更。遅いですよ!」で大爆笑。

もうなんでもありです。

 

こういう会場はしかしお色直しが早い!

これだけは本当に助かります。

スムーズに再入場⇒フォトラウンドへと回り、数名のテーブルスピーチ&インタビューへ。

これがまた時間的制約のプレッシャーをプランナーさんから受けていまして…

持込司会だからってあまり勝手もできない。

だけど折角の二人の指名ですし、極力全員お話しいただきたい。

予め使える時間を確認しておいて、順次ご登場いただきながら時間を読みつつアプローチを変え、笑いのうちに何とか全員時間内に話していただきましたー。

お〜、力業。

やる〜コザック、と自画自賛です。

 

プランナーさんのシビアな時間のヨミも無理からぬところでして…

この後も予定満載だったんです。

デザートブッフェや、その最中のお宝探し、宝探しの結果発表にひとことコメントを添えていただいて、ラストはN君、サプライズで歌いました〜、パチパチ。

中島みゆきさんの「糸」、そのEXILEATSUSHIバージョンだそうです、はいはい。

でも「糸」、いい歌詞ですね。

N君もさすが、上手でした。

 

N君、結びの新郎謝辞もきっちり決めてくれましたがコザックから愛情込めたイジリをかまし、拍手の中両家退場。

エンディングの映像は、僅か2週間前に結婚されたばかりのお友達ご夫妻が作ってくれたそうですよ。

やっちゃう方もやっちゃう方ですが、頼む方も… ぬはははは(^^)/~~~

そのラストショットとその前の1枚、計2枚に唸りました。

二人は若いのに、交際歴がもう10年です。

付き合いだした頃に撮ったんでしょうね、ツーショットで頬を寄せ合った写真と、同じアングルで撮った現在の写真。

それを、現在⇒交際スタート時、の順に見せていたんです。

「お、N君ニキビ面。俺が初めて会った頃のヤンチャそうなN君!」とコザックは思いましたし、それはMちゃんの側の関係者も同じで、見比べて思うところがあったでしょうし…

うーん、素晴らしい。唸りました。

 

かくして、10代の頃から知るN君と、笑顔が輝いていたMちゃんの結婚披露宴は無事お開きとなりました。

送賓の最後に加わるべく待っていると、それまでひとことも話していなかった、この会場によく出入りしているんでしょう、カメラマンさんがやって来て、「こういう披露宴は初めてで、とても楽しかったです」と言い置いていってくれました。

スタッフの面々も好意的な笑顔を向けてくれていました。

あれッ?さんざ色んな画像を載っけたのに、正面から二人をとらえたものを1枚も上げていませんでした。

こんな二人です。

 

 

 

N君、Mちゃん、「オンリーワン」って、いいよねー。

楽しかったー。

 

 

みなさんにご挨拶し、余韻と共に更衣室へ。

着替えながら… 「コホッ、コホッ」。

咳です。

ええよー。なんぼでもいでよッ!マーチングの神、ありがとー!

JUGEMテーマ:私たちだけのオリジナルウェディング

 | 1 / 117 PAGES | >>