■Mail(24時間受付)
メールフォームから、または下記メールアドレスより「ご依頼内容・日時会場・お名前・連絡先(メールアドレス・電話番号など連絡の取れるもの)」の明記の上ご連絡下さい。
info@cozzack.com







姪の結婚

[ 徒然草 ]

スーパーでカートを押して食材探し中、久し振りに年頃の姪っ子から電話が鳴りました。

なかなか「使える」姪で、彼女は英語・スペイン語とのトリリンガル。

「今度の新郎アメリカ人だから英語でこれこれとあれあれのフレーズ教えてくれ」とか、「スペイン語で『ホルヘさん、遠くからお出でいただいてありがとうございました』をメールして」とかを頼むときっちり回答してくれるんです。

つい最近チリの日本大使館勤務を終えて帰国したばかりなのに、電話の内容は「結婚することになった」でビックリ!

いえ、「することになった」ではなく、もう「結婚した」でしたか… 。

ただお相手の仕事の都合もあり、結婚式などは来年の秋だとのこと。

「横浜の会場にした」というので「どこ?」と聞くと、「『横浜迎賓館』ってところでー」と。

「はぁ〜ッ?俺、そこ、今度の日曜に司会で行くよ」

「え〜っ!?」

てことで、来る(キタル)べき時に備え業務がてら内覧してきました。

あー、本題の前に… スーパーって勿論食品を扱ってますから基本寒いじゃないですか?

○○(姪です)… 長電話で凍えたよ、サンダル履きでさぁー。

まぁ、でもおめでとー。

 

 

これがエントランス。

ウェブサイトでもトップに使っていますねぇ。

大人気の会場のようで、1年以上前から予約するのが当たり前なんだそうです。

初めて伺う会場でしたので早目のスタンバイ。

時間に余裕があってあちこちパチリ。

 

こちらは4階にある会場で、上記のテラスは後刻デザートブッフェに使用されました。

「料理が決め手」と、この日の新郎新婦もおっしゃっていましたし姪の口からも聞いていたので、ゲストの方々やサービススタッフのお邪魔にならないように、逐一料理の画像も撮影して後日姪に送りました。

 

新婦は沖縄出身。

お仕事の関係でご出席はいただけなかったお友達からウェルカムボードのプレゼント。

 

寡聞にして存じませんでしたが、これは“紅型(ビンガタ)”という、起源は13世紀に遡るといわれる沖縄の伝統的な染色技法を施した一品なんです。

お友達は紅型作家として活躍されているそうですよ。

 

こちら新婦の姪っ子さん。

そろそろ眠いよね〜、おじいちゃんに抱かれて若干夢心地です。

 

そんな眠りを破る一団が。

そうです、沖縄といえばこれ、伝統芸能の「エイサー」です。

 

やがて2頭の獅子が。

姪っ子さん、泣き叫んだのは言うまでもありません、ゴメンね〜。

獅子に噛まれると幸せになれるんですってね、まずは新郎から。

 

続いて新婦も。

 

30分近い演舞のラストは、ゲスト参加の狂喜乱舞。

お二人も鳴り物を手に盛り上がっていらっしゃいました。

 

共通のご友人も多く、そしてご親族中心のご披露宴。

アットホームな空気に包まれてお二人、良かったですねー、お幸せに!

JUGEMテーマ:私たちだけのオリジナルウェディング

 | 1 / 123 PAGES | >>